日常生活でラブドールの結婚式をご存知ですか?

国や地域によって結婚式の習慣は大きく異なりますが、人形やロボットと結婚することを聞いたことがありますか? 男性と女性の間の通常の結婚式と同様に、普通じゃない結婚式(人とラブドールの結婚式など)も段々と人気になります。 世界中で人と人形の結びがますます増えました。

がんのために結婚

報道によると、中国のどこかで28歳の男性が、末期がんのためにセックス人形と結婚しました。男が自分が死んだ後、人間の妻を一人にしたくなくてラブドールと結婚した。 1つの写真では、人形は豪華な白いドレスを着ており、もう1つの写真では、宝石とスパンコールで飾られたラベンダーのドレスを着ています。 どちらも彼は幸せそうに見えます。

妻と愛人との包括的な愛

田中は総合的な愛を信じ、妻と愛人と一緒に暮らしています。彼らの組み合わせに驚かないでください、妻と愛人はすべてラブドールです。彼は将来の妻をオンラインショップで40万円近くで購入した。シリコン製の妻はとても柔らかく、舌さえあります。田中夫妻は実際に婚姻届を登録することができないため、法的婚姻とは認めされていません。しかし、この二人は結婚指輪を持ち、上に「永遠の愛」という言葉が印刷されていました。彼は彼らの15周年を祝式を計画していると言いました。

ラブドールと結婚:日常生活での人形の結婚式

アメリカで、名前をつけたくない女性が、家族や友人の祝福を受けて、人形のケリーと一緒に結婚の殿堂に入った。結婚の費用は500ドルで、ケリーは今までの自分の人生の愛情と信じており、人形と結婚することで、彼女との親密さが増すと主張しています。人形カイリとの関係を4年経った後、彼女はカイリと結婚しました。将来的には、贈与者の精子を使って子供を育てることを計画しています。

結論

愛や仲間を見つけるために、男性も女性もリアルなラブドールをお探しています。 人形を持っている人はただHするだけでなく、最も重要なことには、精神的な仲間として彼らと一緒に暮らします。 例えば、日本人の既婚男性の中島さんは、散歩と買い物の時、ラブドールの沙織さんも連れて行きました。 これらの人形は、あなたに幸せな生活をさせることもできます。