日本正規代理店(株)ダチワイフ。全国無料配送・消費税込価格!カスタマイズとアフターサービス付きます。

どうやってラブドールを処分するですか

序言:
多くのリアルラブドールのマニアにとっては、人形は多ければ多いほど良いですが、時々より高価なリアルラブドールを入手したくて、古いラブドールはどう処分するかわかりません。 捨て方が間違っていると大変なトラブルになります。 そこで、今日は、古いまたは不要なリアルラブドールの処分方法についてお話します。

普通の方法:
リアルドール処分会社
信頼できる人になる
里帰りサービスを利用する
ラブドールを自分で捨てる
永遠に倉庫に保存する

ダッチワイフ処分会社

人形の葬儀社は、葬式を悼みたい人に究極の愛を提供します。

記念サービスを提供する会社があり、処分だけの会社もあります。 一部の企業は、追悼サービスを提供すると言っていますが、実際は収集した人形を転売しています!これは悪意の詐欺であり、サービス会社を選択するときはご注意してください。

ラブドールを処分する時に追悼式は必要ないとすれば、またゴミ袋に入れて捨てたくない場合、いくつかのラブドール廃棄を紹介します。例えば、 Dole Funeral Company。

信頼できる人に

誰かがラブドールを喜んでくれれば、彼らはあなたに新しい体験を与え、すぐに捨てないでください。

ラブドール里帰りのサービスを利用する

ラブドール里帰りのサービスは、ラブドールを購入先に販売する方法です。現在、多くのラブドールメーカーは、不要になったラブドールを収集する「里帰り」システムがあります。 基本的には輸送費と処分費は通常高くなりますが、処分にかかる時間と労力と周囲の目を考慮すると、これは最も信頼できる処分方法です。

里帰りの費用はメーカーによって異なります。それに、「里帰り」が内的要因や抵抗を心配する必要がなく、家族のように大切にされている最愛のラブドールを「捨てる」という気持ちがないので。

ラブドール捨てる

ラブドールを自分で捨てることもできます。
ダッチワイフを自分で扱っても、プライバシーを守ることを忘れないでください。捨てる前に、クリーニングして消毒することをお勧めします。 また、廃棄する時には政府の規制に従ってください。

当地の廃棄物処理方法に従って、ラブドールを生活ゴミとして処理できます(処理するときは、ちゃんと確認してください)。 コストは低いですが、リスクは高くなります。生活ゴミとして廃棄する場合は注意事項がたくさんあります。 ラブドールを捨てると、大きなごみや生活ゴミが見えて、不法投棄になると死体と間違われることがあります。ラブドールを小さくしても時間がかかるし大変です。また、隣人から指摘された場合は大きな問題となり個可能性がありますので、この方法がお勧めできません。

廃棄物処理施設へ直接に持ち込むこともできますので、ご自分で運搬する場合は、廃棄物ガイドをご覧ください。

ラブドールを小さく切って捨てる人もいるようですが、時間がかなりかかります。 人形の特性上、透明な袋に頭や手足などを入れてしまうと犯罪と勘違いして通報されてしまいます! 最も重要なのは、あなたの大切なラブドールを壊すという行為はちょっと残酷のではないでしょうか。 私たちと長い間一緒にいるので、結局が自分の手で破壊するのはやはり耐えることはできません。 そのためにこの方法をお勧めできません。

永遠に倉庫に保存する

驚いたことに、倉庫を選ぶ人が多いです。

もちろん見つけたら恥ずかしいですが、やはり「さよなら」を言いたくないです。

自分の部屋があるなら、クローゼットやベッドの下に置いてみませんか?

以上がダッチワイフ処分の扱い方です。