ラブドール日本国内最大級の品揃え、信頼ある有名ブランドの正規品のみ販売。

ダッチワイフが禁止されている15カ国

セックスドールを所有することが大したことではありません、性開放の国にとってもっとも正常なことです。 しかし、世界中ではまだダッチワイフの注文や取引を許可していない国がたくさんあります。 あいにく海関に拘留される場合、警察に問質す可能性があります。いくつかの国では、裸の人形はわいせつすぎると考えています。 これは宗教と関係があるかもしれません。なぜなら、一部の人には、性を「聖地」に持ち込むと考えて、これは禁忌です。

以下はダッチワイフが禁止されている15カ国:

ノルウェー(125cm以下のダッチワイフは禁止されています)
ノルウェーに住んでダッチワイフを注文したいですが、莫大な罰金を払って、軍隊に服役したくない場合は、セックスドールを購入する前に当地の法律をちゃんと調べましょう。 2017年、ノルウェー最高裁判所は「小さなダッチワイフが児童虐待のリスクをもたらす可能性がある」と判断し、市民が125cm以下のダッチワイフの注文を禁止する法律を作りました。

米国アラバマ州
米国のほとんどの地域でダッチワイフの販売が許可されていますが、123cm以下の人形には注意が払いべきです。 一方、米国の一部の地域でダッチワイフを購入することは問題となれ、 1998年の「わいせつ防止法」によると、大人おもちゃの販売は犯罪とされています。

メキシコ
メキシコではセックスドールと長くて寂しい夜を一緒に過ごすことが禁止されています。 メキシコの居住者は、自己娯楽だけでもダッチワイフを輸入するが許可されていません。

ブラジル
私がこのリストを整理するとき、ブラジルは私を驚かせた一つの国でした。ダッチワイフの合法性を明確に説明している法律や罰を見つけることができませんでした。しかし、ブラジルの法律はノルウェーの法律と似ており、等身大ダッチワイフ(125cm以上のダッチワイフ)のみが購入できるという。

サウジアラビア
サウジアラビアは中東で2番目大きな観光地であり、2017年には1600万人以上がサウジアラビアを訪れ、美しい砂丘と古代の墓を鑑賞しました。しかし、アルコールと豚肉を禁止することの他には、ダッチワイフも禁止されています。まあ、これも予想内です。イスラム法によると、ダッチワイフやその他の自己満足の補助具は違法なポルノ素材であるため、使用が禁止されています。ダッチワイフのパッケージを見つけた場合、海関で没収される可能性が高く、入手できないことに加えて、最終的には法的な責任を追究されます。

イラクとイラン
イラクとイランはどちらもイスラム諸国であり、アルコール、麻薬、ダッチワイフなどの自己満足の製品に対する許容度は「ゼロ」です。
なぜなら、両国は非常に厳しいであり、法律や慣例を外の世界に秘密する傾向があります。あなたのダッチワイフは海関で没収される可能性が高く、製品を受け取る機会がありません。2017年の事件による、イラク軍はアルコール、麻薬、ダッチワイフがある地下室を発見し、イラク市民とイラン市民の両方がこの取引に関与していると判断しました。罰の詳細は公表されていないが、これらの人々は法律から重い罰から逃れることは想像もできません。

クウェート
報道によると、海関で爆発できる人形が発見され、そして引き裂かれ、破壊された事件というがいくつかあります。これらの商品を注文した人々はその後、警察に尋問され、法律に違反したとして罰金されました。

モーリシャス
中東諸国が世界で唯一の「反猥褻」法律がある地域ではありません。 アフリカにもダッチワイフの輸入を禁止する明確な法律があります。 たとえばモーリシャス、この国に何か輸入について非常に厳格であり、セックス人形は現在禁止されているアイテムの1つです。 モーリシャスでは、ダッチワイフが入ったパッケージを見つけた場合、最大1年の監禁と10万モーリシャスルピー(約327,333円)のリスクがあります。

パナマ
パナマでダッチワイフが本当に違法であるかどうかは不明であり、罰がどれほど厳しいかも明らかではありません。 しかし、この国ではダッチワイフを購入することは不可能のようであり、有名なダッチワイフメーカーはパナマに商品を出荷するための物流センターもありません。一方、小さいな大人のおもちゃは合法ですが、等身大ダッチワイフの合法性に関しては、未だに不明です。

モルディブ
モルディブも性的なアイテムを禁止しており、ダッチワイフも例外ではありません。 あなたのラブドールは間違いなく海関に没収され、さらに深刻な場合は監禁される可能性があります。

タイ
タイの熱帯文化と料理が豊富です。 変性の人があそこで普通であるため、あなたは彼らがセックスの観点から解放されていると思うかもしれませんが、この場所ではダッチワイフやその他のポルノアイテムが違法です! それらのアイテムがタイで禁止品ですし、「わいせつ品」と扱っていて、罰はそれほど厳しくはありませんが、海関で人形が没収・破壊・お金を失う可能性があります。

ベトナム
ベトナム海関総局は2011年に、ベトナム当局はベトナムへのセルフサービスの入国を許可しないと発表しました。

マレーシア
マレーシアは非常に人気のある観光地であり、のんびりとした場所のように見えるかもしれませんが、マレーシア市民は間違いなく現代のセックス女神とセックスする機会を奪われています。
マレーシア刑法によると、ポルノアイテム、ダッチワイフ、大人のおもちゃなどのわいせつに関わるものの所有および販売が違法となります。 ベトナムやタイとは異なり、ベトナムやタイほど深刻ではありませんが、マレーシアでは、性的なおもちゃやポルノの原因で捕まった場合、最長3年の監禁または罰金があります。
この国では、ダッチワイフを所有することは間違いなく危険な行動ので、私のアドバイスはできるだけダッチワイフなどの製品から離れることです。

インド
カラフルなインドには、最も人気のあるセックスブック「カーマスートラ」がありますが、ダッチワイフなどの性と関係する製品の輸入が奇妙な法律があります。 インドの刑法は、ポルノの本、写真、人物、または物がポルノだと考える場合、「わいせつと見なされるべきである」と規定しています。 もしそうなら、その国でのダッチワイフ使用が禁止されています。 これは、ポルノ製品がどのように見え、どのように販売されているかに応じて、合法または違法になる可能性があることを意味します。
オチンチンのように見えない「魔法の杖マッサージャー」はインドでは合法ですが、超リアルなペニバンやダッチワイフは合法ではありません。