日本正規代理店(株)ダチワイフ。全国無料配送・消費税込価格!カスタマイズとアフターサービス付きます。

最近話題 ラブドール風俗店

最近話題になったチャイナでのニュース

中国での初めてのリアルドール 風俗店、「爱爱乐ラブドール体験馆」という店(以下「体验馆」と呼ばれます)が人気店になります。その周りにはミルクティーショップ、ヘルスショップ、足洗い店、本屋などの店がありますが、爱爱乐が決して目立つではなくて、ただのアダルトグッズショップしか見えません。

この体験馆は2018年9月に開店し、一般的な労働者や高齢者の性的なニーズの解決に専念します。 ある機会に、李博さんはフォックスコンの従業員からこういう情報をゲットしました:工場での男性と女性の比率のバランスが明らかにおかしくなりました、「1生産ラインに300人男がありますが、女の子がただ40人!」。

極端的な例では、280元で最も安価なインフレータブルでも、同じ寮の部屋で6人のお金を集めて購入して、順番に使用されました…ダッチワイフ風俗店の​​オーナーである李博さんはその感じがわかります、彼が16歳のとき工場によって12人用の寮に住んでいました。1階には公衆トイレが1つしかないので 、オナニーの場所でもありませんでした。

当地の保健省が発表した数値によると、長時間に異郷で働くの原因で、中国の異郷労働者の80%はセックスに不満足です。 そのため、李博さんは一人でもラブドール レンタル体験館をオープンすることを決意し、周りの人たちが「あたまがおかしい」だと言いましたが。 最初は5人のパートナーがありますが、徐々に撤退しました。李博さんは「セックスは必要なもの」と信じています。 ここでは、158元/1時間でダッチワイフ体験しす。たまにはこれらのラブドールは、RMB 5,000からRMB 10,000の範囲の価格で販売されています。

最初にセックス人形風俗店を開いたいとき、李博さんの友達がそれを期待していないですが、しかし、1年半が経過した今、李博さんが成功したとは過言ではありません。

なぜリアルドール レンタル店をやりますか?

「私は何年も深センで働きました、残さないとやはり悔しいです!」 最初は、彼が福建省晋江の靴工場で働き、その後深センに引っ越しました。この急成長の町で、彼は何度もビジネスを始めましたが、ピザレストランを開店し、エージェントとして働き、レストランを開店しましたなど...

2018年の春のセックスドール 体験 談、李博さんは以前の事業を終えて、Webサイトでシリコーン人形の注目度とページビューが低くないことに気付きました。「ダッチワイフ」というキーワードを入力すると、何百のショップがありました。東莞の工場を訪問したとき、上司は彼にオンライン取引は奇妙な目線を避け、もっと自由にショッピングできるため、オンラインシリコーン人形の取引量はオフラインよりもはるかに多いと言いました。

「ラブドールの値段は安くありません。高さ1.6メートルの人形は約2万元で、一般人にとってやはり高いです。オフラインの風俗店を開いてみませんか。」李博さんはこれがチャンスだと気づきました。

工場で青年期を過ごした李博さんにとって、彼は性的鬱病の痛みがよく知っています。 「私はこのあたりを観察していますが、工場で男性と女性の比率は7:3です。退勤したあと、ファーストフード店に20人の間に、1人または2人の若い女性しか見えません。男性は欲望の出口が必要です、ダッチワイフレンタルが必要です。」

最初から李博さんは大きなリスクを背負っていました。 もともと5人がその項目を投資しましたが、人形を購入して体験した後、3人が撤退を選択しました。そのうち2人は投資を借金に変更しました。 李博さんはクレジットカードの現金を使って残りのお金を揃いました。 人形は10個で、最も高価なものは9,600元、最も安いものは6,000元以上で、破棄した人形や装飾品を除き、このラブドール 風俗店は40万元以上かかりました。

欲望についての商売も限界があるかも

「ラブドールレンタル店に光臨するお客様のうち、70%が周辺工場の労働者ですが、30%がインターネットで知る一般的な会社の従業員です。

会社の従業員と工場のお兄さんは簡単に区別できます。従業員は、よりファッショナブルな服を着て、自身もあり、セックスに慣れている感じ、使用済みラブドールの摩耗が少ないです。 工場で働くお兄さんたちは、スリッパやショーツを履き、笑われるのが心配の様子です。また、使用されている人形もひどい様です。ラブドールの手が折られて、人形が壊しまうこともあります。

普通の従業員だろうが工場のお兄さんだろうが、その40%のお客様がトップブランドのラブドールを一目でお選びます。 外観は身長165cm、巨乳、豊満ボディ、体重60kgの熟女タイプ。 実際、この種類のラブドールは非常に重く、ポーズを取るのに長い時間がかかりますが、まつげが失われても骨が肉から突き出されたとしても、一部のお客様はそれを選択します。 男性は新鮮感が好きですが、このタイプが身体を2回交換して、破棄するまで1年以上過ごしました。

実はどんなラブドールでもお好きなひとがいますが、身長140〜155cm、50〜70kgの人形が一番便利なのは当然ですが、1.7m、70kgの肌が黒い人形を選ぶ人もいます。すべての男性が大きな胸を好むわけではないので、小さな胸とほっそりした姿の人形を購入したことがあります。

多くのお客様から、人形は重すぎて反映されていますが、それでもお店内のビジネスは順調です。それはなぜですか? 人々の性的欲求が満たされる必要があるとき、選択がほとんとしませんからです。多くのリピーターのお客様は工場のお兄さんたちであり、李さんの体験店に来るの他には、性的欲求をよりよく解決する方法が他にありません。

普通な会社従業員は一般的に好奇心にとらわれて、二度と来ることはめったにありません。 ガールフレンドと一緒に来るのもありますが、そどで待つだけです。 近くにある医薬品の商売人で、妻は妊娠しており、夫が月に2〜3回は黙認しており、正直のものですが、赤ちゃんが生まれるあとはもうリアルドール風俗店来ませんでした。

金持ちの中ラブドールレンタル人もいます。 有名なブランドの服を着た23歳の若者がわざわざ北京からラブドールと遊びに来て、しかも2回です。 彼とはきちんと話をしていませんが、この旅行には3、4時間かかります。どんだけ動力? 」

お客様の中でマイバッハの車がある社長がいます。彼がまだ車の中にいて、店員へ叫んだ「駐車場所を見つけてください! 」50代の人は家族観念が強いです。20分プレイした後、「これはまあまあかなあ」と言われましたが、2回も来ています。 私が愛人を探したくない、家族の絆を台無したくないから。

周さん(29)は、毎日妻をお探しています。 「妻がいるなら、何でもやるっす」と周さんは言った、「女性と話すと顔がすぐに赤くなり、何を言えばいいのかもわかりません...」彼は電子生産の工場で働いており、6人用の寮に住んでいます。彼はかつて李博さんに言った、「ルームメイトはインフレータブル人形を買ったが、それは非常に偽物しか見えません、あなたのものと比べることができません。」

王強さん(34歳)は恵州市と深セン市でフォークリフトを運転し、月に4〜5千元を稼いでおり、ずっと妻ができませんでした。 李博さんが「彼は感情的には13歳か4歳の子供のようだ」と言いました。 王強さんは李博さんを非常に信頼し、彼がインターネットで出会いた2人の女の子を見せて、「私は明らかにこれらの2人の女の子は嘘つきであると感じています。 お金ばかり要求して、一度でも顔を見せなくて、彼はまだ夢の中でいつか妻になるとしんじています。」

いつものお話ですが、性比の不均衡の問題は新しくありません。 人口の専門家は、2013年には2020年までに、中国の少なくとも3,000万人の独身男性が結婚できなくなると予測しています。 中国人民大学のヤン・ジュファ教授は「結婚が正常にできないと、自分の生活や家族に影響を与える。結婚できないのはどんな人なのか。弱いグループに違いない」と述べました。

親密関係を望んでいる人たちは、ラブドールを買うということは精神的なリラクゼーションと慰めも意味します。 彼らは本当の異性よりも防御的です。 人形を使用すると、内向的な周ファンは言葉を話す必要がなくなり、純粋な王強は騙されることを心配する必要がなくなります。 来店する度にお金をかけず、数部屋を歩き回ってしばらく黙って人形を見ているが触れないというお客様もいます。 数日後にもう一度来て、同じ手順をもう一度行ってください。 その後、彼は性的機能不全を患っているとリーボーに話しました。

「あなたは私たちの独身者の救世主です」

「中国の独身者3000万人という数字は冗談ではありません。私の故郷の工場には100人以上の人がいて、3人の女性だけ、しかも家族がいます。だから今、工場に女性がいる限り、 工場の高嶺の花です。このレベルの社長しか交際できないだろう。ならば、残りのガールフレンドなしの男性はどうすればいいですか?

店が始める開店する時に、背が高くてハンサムな人が店にきました、自分が女性なら彼と結婚することが間違えません。彼はここでセックス人形体験と聞いていますが、100元しかない。 当時、私は友人と店のことを話し合っており、あまり気にしていませんでしたが、彼は一人で店に座っていて、恥ずかしい気持ちが全くありませんでした。

彼は私と「旦那さん、一度だけ遊ばせて!」と交渉を続けました。 最後に私は彼に負けて、同意しました。 二度目に来た時、お金がまた足りなかったが、再び許しました。 それが彼の性的なニーズを解決することができる唯一の場所ではなかったならば、二度もうちの店にこないでしょう。

若い男の子だけでなく、お年寄りの性的な欲求もいつも無視されています。 子供たちのお世話を手伝った70歳の男性がここに来て、彼が警察に捕まるのかを繰り返してちゃんと確認し、息子と義理の娘が知っているのではないかと心配しました。 彼は二階に行って小さなラブドール風俗をレンタル、30分後、彼は私に「これは私たちのような人にとって素晴らしいことだ」と言った。

彼とちゃんと話した後、妻が故郷にいることに気づき、性的な欲求が解決できなかった。 彼は人形と遊ぶことは捕らえられることも脅迫されることもないといいましたが、 ここの天候が暑すぎて故郷に帰ろうと言って再び来ると約束したました。 彼が故郷に戻ったには、セックスが理由の一部だったと思います。 」

背景と目標が異なるこれらの若者が李博さんに興味深いです。陈、周凡、王強が「選択の余地がない」という理由で風俗店に来た場合、これらの顧客は、何か欠けているためではなく、好奇心と人形文化を感じるために来ました。

セックス人形が最初に現れた正確な日付を知ることは困難です。このことの定義によってこの質問に対する答えも異なります。 現代産業へのみ考慮したセックス人形でさえ、40年以上の歴史があります。 この業界はますます大きくなっています。 人形の技術的なアップグレードも人々をよりインテリジェントにしています。 人々が好むと好まざるとにかかわらず、ラブドールは絶えず製造され、世界中に広がっています。 新しいアイデアや新しいビジネス形態により、人間の生活にますます人気になっています。