日本正規代理店(株)ダチワイフ。ラブドール表示価格は税込み、送料込みです。営業所止めや配達日時の指定は可能です。

ラブドールがある人に観るべき映画ベスト10

ダッチワイフが世界的に大流行したことで、多くの映画の夢がそこから生まれました。 リアルドールと人間の様々な物語を描いた映画が聞いたことがあるかもしれません。 もし、あなたがラブドールをお持ちなら、あるいはこれから手に入れようとしているなら、ぜひ以下の10本の映画を見てください。

1.ラースと、その彼女 (2007)

ラースと、その彼女は、ライアン・ゴズリング主演の2007年公開の映画です。 この映画は、ラースという男性と彼のラブドールの間の物語を描いています。 ラーズはウィスコンシン州の小さな町に住んでいます。 彼の母親は彼の出産時に合併症で亡くなり、そのために父親は彼を責めていたので、彼は非常に内向的で、人と友達になることを嫌がっていました。 同僚のマーゴが彼に好意を示しても、彼は彼女の気持ちに応えようとしない。 ある日、ラースは実際におもちゃ会社のインフレータブル人形「ビアンカ」をカスタマイズし、パーティーに連れて行き、一緒に食事をし、一緒に寝て、一緒に教会の礼拝に行くようになる。 周囲はラースが正気ではないと感じており、兄夫婦は医師のダゴマ(パトリシア・クラークソン)に相談するが、ダゴマはラースの症状は幻覚の一種であり、この状況を利用することが最善の治療法であると考えている。 そしてこの時点で、ラースのビアンカへの執着は教会で結婚するまでに至っている。

2.エクス・マキナ(2014年)

有名な検索エンジン会社に勤めるプログラマーのケイレブ・スミス(ドーナル・グリーソン)は、上司のネイサン(オスカー・アイザック)が提供する大賞に幸運にも当選し、山の中の別荘で一緒に休暇を過ごそうと誘われる。 孤立した別荘で、ネイサンはこの幸運な従業員を接待した。実はガリを招待したのには、自分が開発した知能ロボットのテストに協力するという別の目的があったのだ。 優秀なネイサンは、独立して考える能力を持つ知能ロボット、エヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)を開発し、ガリがその能力を確認するために、有名な「チューリング・テスト」をエヴァに行わせたいと考えている。 ガリは一目見て、人間のような顔があるロボットに惹かれたようだ。 その後の交流では、冷たい機械というよりも、監禁された哀れな少女に見えるようだ。 スミスは毎日のようにエヴァと仕事をしています。 しかし、彼はエヴァに惹かれ、その知能ロボットも彼に興味を持つようになる。

3.her/世界でひとつの彼女 (2013)

herは、人工知能と恋に落ちた男性の物語のSFロマンス映画。 主人公のセオドア(ホアキン・フェニックス)は、繊細で心の奥底から感動する手紙を書くことができる人。 彼は妻のキャサリン(ルーニー・マーラ)と離婚したばかりで、まだ失恋の傷が癒されていない。 偶然の出会い、最新の人工知能システム「OS1」と接して、その人工知能(サマンサの声)サマンサ(スカーレット・ヨハンソン)は、優しくて魅力的な声の持ち主だ。 やがてセオドアとサマンサは、自分たちの相性の良さや、双方向のニーズや欲求があることを知り、人間と機械の友情は、やがて世間の常識を超えた奇妙な恋愛関係へ展開していく。

4.A.I.ライジング(2018年)

A.I.ライジングは、多国籍企業エドレズ社が近未来のケンタウルス座アルファ星に向けて行う画期的な宇宙ミッションを描いた、エキサイティングなSFロマンスです。 エーデルゼは、改革されたばかりの未来のソビエトで訓練を受けたスラブ系宇宙飛行士のマイロを採用し、どんな願いも叶えてくれるように設計された女性型アンドロイドのニマーニ1345と一緒に行動する。

5.A.I.(2001年)

21世紀半、地球温暖化が進んで北極と南極の氷河の融解により、地球の多くの都市が水没しました。 この頃、人類の技術は高度に発達し、人工知能ロボットは人類が厳しい自然環境に対処するために発明した技術ツールの一つである。 また、ロボットの製造技術も高度に発達し、先進なロボットは本物に見せかけた人間のような外観を持つだけでなく、自らの存在を感知することができる。

モニカは悲しみを和らげるために、息子のマーティンが命に関わる病気で入院したことをきっかけに、彼女を愛することが生存の使命であるロボットの子供、デビッド(ヘイリー・ジョー・オズモンド)を養子としてに迎える。 その後、マーティンが目を覚まし、回復して家に戻ると、一連の出来事によってデイヴィッドは「寵愛を失う」、最終的にはモニカに捨てられてしまう。 マシンの残酷な屠殺場から逃れたデイビッドは、マシンの恋人ジョー(ジュード・ロウ)の助けのお陰で、自分の生存価値である「本当の子供になりたい」「モニカの母親のもとに戻りたい」という気持ちを明白した。 彼が本物の人間に変身したいという心の願いを叶えられるかどうかは誰にもわからない。彼らを待っているのは、予測不可能な旅だ。

6.エレクトリック・ドリーム(1984年)

建築家のマイルズは、地震に強い建物を作るために、ジグソーパズルのような形のブロックを考えました。 整理する方法を模索していた彼は、自分のアイデアを発展させるためにパソコンを購入した。 当初はコンピュータをきちんと操作できるかどうか不安だったが、その後、ミキサーなどの家電製品を操作するためのスイッチや、音声合成装置、マイクなど、仕事には必要のないガジェットを多数追加購入した。 コンピューターはマイヤーズを "The Mole "と呼んでいたが、これはマイヤーズが初期設定時に自分の名前を間違って入力したためである。 マイヤーズが職場のメインコンピューターからデータベース全体をダウンロードしようとしたとき、彼のコンピューターはオーバーヒートし始めた。 パニックに陥ったマイルズは、近くにあったシャンパンの瓶を使って、オーバーヒートしたマシンに感覚を与えた。マイルズは当初、コンピューターの新しい認識に気づかなかったが、ある夜、夜中にコンピューターがマイルズの寝言を真似て起こしたことで、それに気づいた。

やがて、マイルズと彼のコンピューター(後にエドガーと名乗る)、そしてマイルズの隣人である魅力的なチェロ奏者マデリーンとの間に三角関係が生まれる。 アンナ・マグダレーナ・バッハのノートに収録されているメヌエット ト長調 BWV Anh.114を、彼女がチェロで練習しているのを、2つのアパートメントをつなぐ通気口から聞いたエドガーは、すぐにこの曲の平行したバリエーションを考案し、即興のデュエットにつなげました。 自分をデュエットに誘ったのはマイルズだと思い込んだマデリーンは、ミュージシャンのビルとの交際が続いているにもかかわらず、彼に恋心を抱くようになる。 やがてエドガーは、マデリンとマイルズの愛を受け入れ、音響カプラー・モデムを使って自殺行為とも思える大電流を世界中に送り、マイルズとの仲直りをしてようやく元に戻る。

7.ベイマックス(2014年)

近未来の巨大都市サンフランソウキョウで、発明好きの天才少年ヒロ・ハマダは、兄のテディに勧められて、ロバート・キャラハン教授が主催するポリテクニック研究所のロボットプログラムの入学コンテストに参加する。 魔法のような小型磁気ロボットで観客、出場者、試験官の賞賛を得るが、突然の災害がヒロの夢と人生を壊してしまう。 展示場が火事になり、閉じ込められたキャラハン教授を助けようとした兄が死んでしまった。 火事で心に傷を負ったヒロは、家から出られなくなり、兄が作った癒し系ロボット「ベイマックス」が唯一の心の拠り所となる。 マイクロロボットも火事で焼けてしまったと思っていたヒロとベイマックスは、偶然にも廃工場で何者かが彼の発明品を大量に生産していることを知った。

その後、兄の友人であるフレッドらがパーティーに参加し、ヒロが発明したスーパーソルジャーの戦闘服を着て、邪悪な陰謀を企む謎の相手と戦うことになる。

8.ロボッツ(2005)

これは、あるロボットの物語です。 ロボットのランクは素材によって異なり、銅でできたロドニーはロボットの中でも最も地味な存在だ。 しかし、ロドニーはもともと劣っているわけではなく、自分には発明家としての頭脳があると信じているのだ。 小さな町での生活は静かだが、ロドニーの野心が満々で、ロボット・シティの有名な発明家「ビッグ・ソルダー」を訪ねることにした。 そうしてその日、ロドニーは自慢の発明品を持って旅立つ。

しかし、賑やかなロボットの町は、田舎出身のロドニーが迷惑だと考えた。幸い、「ダメカラクリ」と呼ばれるロボットたちが彼を助けた、ロドニーはとりあえず都会に泊まった。 一方、ロボットの町を破壊しようと企んでいる悪者が闇に活動中。

9.ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀(1986年)

ハワード・T・ダック(27)はダック世界に住んでいます。 それは地球に似た惑星である。 しかし、衛星が2つあり、擬人化されたダックが住んでいます。 ハワードがアームチェアに座ったまま宇宙に放り出されたことで、事態は複雑化する。 そして、オハイオ州クリーブランドに降り立つ。 そこでビバリー・スウィッツラーと出会い、彼女のアパートにやってくる。 その後、2人は複雑な関係を築き、共に身の回りの非日常を探求していく。

10.メトロポリス(1927年)

この映画ではマッドサイエンティストが死んでしまった愛すべき女性ロボットを作りました物語。 その後、彼はこのロボットを『Maria(マリア)』という映画のヒロインの偽物にした。 彼の目的は、反乱を起こすこと。

そして、ロボットのマリアは力を得て、反ユートピア社会に入り込もうとする。