日本正規代理店(株)ダチワイフ。全国無料配送・消費税込価格!

セックスドールは芸術品になれますか?

セックスドールはエアードールから進化し、主に大人向けに開発されました。しかし、現在さまざまな企業が製造している人形から判断すると、シリコン製であろうとTPE製であろうと、芸術の範囲に達しています。それに、多くの人がこれは芸術作品だと思っていますが、これからはその理由を解釈いたします。

完璧なセックス人形彼女は理想的な体、理想的な顔があり、それは普通の女性にとっては夢の中の話です。それにセックスドールは理想のメイクをしたり、お気に入りの服を着たりすることで、自分だけのガールフレンドを作ることができます。ある人がラブドールをドレスアップする過程で素晴らしい芸術作品を完成させているように幸せを感じられて、この瞬間を写真で記録して、自分とダッチワイフの人生を記録したい人もいます。

芸術とは何ですか?芸術は、芸術が観客と交流する場所だと思いますが、製品をコピーすることは決して芸術作品とは呼ばれません。芸術家の価値を失ったそれらの人形は芸術を欠いていないことを知ってほしいです。

インターネットでシリコン人形の写真を検索すると、韓国人アーティストJune Koreaの写真集が出てきました。「エヴァ」と呼ばれる作品の中では、シリコーン人形は彼の仮想ガールフレンドですが、実際のカップルと同じように、一緒に食事をしたり、寝たり、遊んだりします。外国のメディアは、この韓国のアーティストが「セックスドール」を使って制作することに興味を持っています。その写真集にはエロティックな意味はなく、逆に、何だか孤独感があります。

June Koreaが帰国した後、教師を就職しました。写真集の仮想ガールフレンドも解体され、いくつかのボックスに入れて、故郷に送りました。

Juneは2002年から、ずっと人形を撮影しています。その動力源は寂しいです。彼は社会的な交際ができないわけでもなくて、ただ毎日一人で目を覚て、パーティーや仕事の後に一人で家に帰るなどに孤独を感じると言います。子供の頃、Juneは家族や友人が離れることは決してなく、思い出は消えないだと思っていましたが、その後、Juneはそれら美しいことがいつか消えることを気づきました。この失いを何度繰り返しても、慣れることはありませんでした。

「ニューヨークで芸術を研究する間に、当時のガールフレンドと別れた。当時に、私はシリコーン人形に仮想ガールフレンドという身分を与えて、撮影作品を作ろうと考えていました。いつか人はなくなるんですが、人形は死ぬことはありません、ファンタジーの世界で記録すれば、永遠になります。」これがJuneさん元の言葉言葉です。

2014年12月29日は、Juneさんがエヴァを迎えた最初の日です。アメリカ市場のラブドールのほとんどはヨーロッパとアメリカのスタイルで、日本からのエヴァが1万ドルの運賃がかかりました。 身長158cm、体重36kgのアジア人の女の子エヴァがフェデックスの箱からJuneさんの家にやってきた。

ほぼ2年間、Juneさんはほぼ毎日シリコーン人形に写真を撮りました。彼らは一緒に寝て、一緒に買い物に行き、一緒に笑って、一緒に泣いて、一緒に幸せになって、一緒に孤独の時間を乗り切れました。

「他人が変な目で私たちを見つめたり、エヴァに触れたりすることがありますが、私は気にしません。この関係は偽物であり、それによって孤独感は決して取り除くことはできないことが勿論分かっていますよ。でも、あなたが必要とするならば、人形はいつもあなたに付き添い、ずっとね。」

私はJuneさんをとても尊敬しています。なぜなら彼は外の世界の目を気にせずに、芸術に専念します。アメリカで、セックス人形は彼にたくさんの幸せと楽しい時間をもたしたと思います。 この期間で創造されたものはすべて芸術作品と呼ばれると思いませんか。芸術に対する理解は人によって違いが、他人の芸術を否定できるのはまさにその他人だけのではないでしょうか。