日本正規代理店(株)ダチワイフ。表示価格は税込み、送料込みです。営業所止めや配達日時の指定は可能です。

どうやって自分のラブドールを汚さないようにしますか

この短い記事では、ラブドールを汚さないための10個の方法をご紹介いたします。

ラブドールの素材を慎重に選ぶ

現在、リアルドールの素材としては、シリコンとTPEの2つが主流素材があります。シリコン製のセックスドールは、人と接触する際の安全性が優れており、通常はTPEより優れた耐熱性を持っています。 これにより、ダッチワイフが誤って高温(極端な日光など)にさらされても、汚れる可能性が少なくなります。

一方、TPE製のラブドールは価格が安く、よりリアルな肌の感触が得られるため、多くの購入者がこの材料を選択しています。 しかし、耐熱性がより低く、管理の手間がかかるのが難点です。TPE製のセックスドールを決めた場合は、使用、保管、洗浄、着脱の方法に十分注意してください。 リアルドールを購入する前に、自分のニーズに合わせてラブドールの素材を慎重に選んでください。

使用しないときは必ずセックスドールの服を脱いでください。

彼女を使う必要がない場合は、彼女の服を脱がせてください。 特に、フェイクレザー、ラテックス、デニム、ポリエステルなどの素材の服や、明るい色の服(赤や黒はシミになりやすい色です)は、普段から部屋が熱すぎると、長い時間をかけて彼女の肌に何らかのシミを残ってしまう可能性があります。で、リアルドールと遊んだ後は、きちんと洗い、完全に乾燥させ、汚れのリスクを避けるために完全に裸の状態で保管することがおすすめです。

ラブドールのウィッグは使用しないときは必ず外してください。

衣類だけでなく、あらゆる色のウィッグはラブドールの色の汚染の原因となり、長時間の着用でウィッグの色がリアルドールの頭に移り、ウィッグの固定具もラブドール皮膚に永久的な損傷が残る可能性があります。 セックスドールを使用した後が素早くウィッグを外し、手順に沿って保管するのが正しい方法です。

ダッチワイフをプラスチック製の袋に入れないでください

プライバシーを守るために、セックスドールに黒いゴミ袋をかぶせるのはダメです。 濃い色のプラスチック製の袋が、特に暖かい部屋に置いた場合、人形の素材に色が移ってしまうことがあります。

セックスドールを高熱源に晒さないでください

ラブドールをきれいな状態で長く使うためには、安全に保管し、有害な環境から離れなければなりません。 例えば、日光を浴びてすぎると、素材の劣化による人形の消耗が発生します。 また、暖房器具の近くに置いておくと、素材が劣化したり、有害な細菌が繁殖し易いので、人の健康に悪い影響があります。人形を自然または人工的な熱を避けて、オリジナルの収納箱に入れて安全に保管するようにしてください。

ラブドールを洗う際にボディソープを使わないでください

セックスドールにはいい香りをさせてあげたいと思うので、そのために甘い香りをするボディソープを使いたいですが、その行動が大切なセックスドールになんも利点ももたらしません。逆に素材の腐食や劣化が始まってしまいます。ボディソープに含まれる一般的な活性剤の中には、人体に無害なものでありますが、ラブドールにとって致命的なものです。 ダッチワイフを使用した後は、必ず抗菌性のある石けんやクレンザーと水を使って人形の衛生管理をしてください。

リアルドールを乾かすのためにドライヤーを使ってはいけません。

セックスドールを高熱にさらしてはいけないと書きましたが、ドライヤーの温度でラブドールに害を与えないという意見もありますが、ラブドールを乾かすのにドライヤーを使えば、時間を大幅に短縮できるという考えがありますが、間違っています!ダッチワイフと遊んだ後は、ドールの穴を洗ってから自然乾燥させるのが良いですよ。 時間を節約するために、遊ぶたびに人形を丸ごと洗う必要はありませんが、ドライヤーで乾かそうとするのはおやめでください。

ベビーオイルを潤滑剤として使用しないでください

セックスドールの潤滑にベビーオイルを使用するのはお避けてください。 この油性物質は非常に清潔にくい、セックスの中で、あなたやラブドールだけでなく、ベッドリネンや家具なども汚してしまう可能性があります。

ベビーオイルを1~2回使用しても深刻な影響がないかもしれませんが、ベビーオイルを使い続けると、セックスグッズの素材に損傷が出てしまいます。 また、セックスドールが丁寧にメイクアップされているため、顔やメイクアップされた部分に塗ると、化学反応を起こしてメイクが崩れ、セックスドールが汚れる可能性があります。 そのため、セックスドールと遊ぶ際には、必ず正しい潤滑剤を使用して、損傷を避けるようにしてください。

人形にベビーパウダーをつける

ラブドールが時間の流れとともに、糸くずやホコリが付着してベタベタになります。 ベビーパウダーを塗ることで、ドールの肌が「元気」になります。これは、肌をリフレッシュさせ、変色を防ぐためにも大事なことです。

ラブドールに意のままに化粧をしないでください。

ラブドールに化粧をするのは疲れたし、汚してしまう可能性もあります。 一部の明るい顔料(ピンク、パープル、レッドなど)は取り除くのが難しく、人形に永久に残ってしまい、彼女の顔つきを完全に台無しにしてしまう可能性があります。唇に永久に赤いシミがついた人形が欲しいですか? もちろん、そんな人形が誰も要りません。だから、一番いいのはカスタマイズして注文することです。 また、ラブドールのメイクを変えたい場合は、プロの顔師にお任せてください。