表示価格は税込み、送料無料。ラブドール専門通販サイト、日本正規販売代理店DachiWife。完成したドール写真ご確認可能、アフターケアを実施する。

どうやってラブドールと一緒に写真を撮る

ラブドールを撮影目的だけで使用していると言っても、だれも信じないでしょう。 何といっても、あらゆる面でリアルな肉体を持つ人形とのエッチを拒否する人はいないでしょう。 とはいえ、単なるモデルとして使ってもらっている人もたくさんいます。

ラブドールは、男性に性的な体験を与えるだけではありません。 男たちがラブドールと写真を撮るのが好きなのは、ラブドールが美しいからであり、それだけでなく、ラブドールと一緒に好きなポーズをとることができるも原因の一つです。 本物のTPEラブドールを購入する料金が生身のモデルを雇うのと同じくらいかかるかもしれませんが、ラブドールを購入すれば、その子はあなたの独占的なモデルとなり、再び生身のモデルを雇うには別の手数料を支払わなければなりません。 そう考えると、TPE製のリアルラブドールを購入するのが良い方法かもしれません。

ラブドールと一緒に写真を撮る方法に興味がありませんか?ドールを使ってより良い写真を撮り、最高のディスプレイを手に入れるために、私たちが学ぶすべき6つの写真の基礎知識があります。 これらの方法の中には、非常に重要な要素である撮影背景や照明に関係するものもあるので、下記はそれらのヒントをご紹介します。

1.三脚とセルフタイマー

ラブドールと一緒に写真を撮ってみませんか? 安定した三脚とセルフタイマー機能があれば、これを実現することができます。 まずはカメラを三脚にセットして、家具やラブドールに直角に向き合うようにカメラを調整します。 次にタイマーをスタートさせ、時間を1分に設定して、そのうちにラブドールと一緒にポーズをとります。 1分後に撮影されます。

せめて1.6mの高さまで上げられる市販の三脚が必要です。 安価な小型三脚は買わない方がいいでしょう、大事なカメラから、カメラを維持できずに倒れてしまう可能性があります。 1.6mの三脚があれば、ラブドールを立った状態で撮影することもできます。

2.背景距離

魅力的な写真を撮るためには、人形と背景の間にある程度の距離をとることが大切です。 例えば、壁の正面にある家具の上に人形を置くと、見る人も壁と家具の上にあるものに注目することになります。 被写体が目立つことがなくて、壁がただ非常に遠くの背景にしか見えない場合は、前景のラブドールを焦点にして、背景をぼやけていることで、人形をきれいに目立たせます。

自宅のちょっと狭いリビングで撮影する場合、背景を遠景にするのは難易度が高くなります。 家具の背面にグリーンスクリーンを使って、実際には背景がないような錯覚を起こさせる必要があるかもしれません。 また、それもこの後の写真レタッチすも容易になります。

3.照明

照明が写真にとってもっとも重要な要素であり、良い写真は、構図と光でできていると言われます。 特に、ラブドールの撮影に関しては。暗い部屋や露出オーバーの部屋では良い写真は撮れません。 実際にカメラのフラッシュも十分ではありません。 前景全体を照らすライティングがあれば、背景が暗くても問題ありません。 実際、背景が暗い場合は、前景の鮮やかさとのコントラストがはっきりできるので、むしろ良いだと思います。 照明の角度を変えることで、キャラクターの感情を表現することができます。

4.似合う服

セクシーなランジェリーやビキニ、スキニージーンズなど、自分のラブドールに好きなキャラクター服を着せることができます。 ファッションの写真家になりたいなら、ラブドールを使ってたくさんの練習しましょう。 ドールを購入した後、主な費用が衣装の購入です。 これらのコスチュームを購入するには、古着屋に行くこともいい選択かもしれません。

5.ポーズ

ラブドールのポーズが自由にとれます。 人形の関節が調整可能で、体を簡単に曲げることができます。 横向きに寝転んで胸を露出させたり、椅子に座ってカメラを見たりすることができます。 自分の理想ポーズを見つけて、楽しく撮りましょう。

6.より多くの写真を撮って、ベストアングルを探してみる

写真を左右する要素が撮影環境の明るさとカメラの角度この二つあります。 ただ1回の撮影だけで最高の結果が得られることが誰も保障できません。より多くの写真を撮り、多くのことに挑戦するしかありません。 デジタル写真では、数百枚の写真をより速いペースで撮影することができます。 カメラの設定で撮影間隔を変えれば、知らずのうちに素晴らしいラブドールの写真が撮れるかもしれません。

ラブドールとのセックスや性交の様子を記録することもでき、カメラの前で恥ずかしがることもありません。 カメラの前なのに何でもオッケーです。 また、彼女たちをモデルにして、自分の彼女をドレスアップするというファンタジーを実現することもできます。 また、旅行に連れ出して、ラブドールとの思い出の写真を撮ることもできます。いろいろな角度から撮影してみて、時間の流れにつきあなたもカメラの達人になれるはずです。