ラブドール専門通販サイト、日本正規販売代理店Dachi Wife。表示価格は税込み、送料無料。完成したドール写真ご確認可能、アフターケアを実施する。

ラブドールと一緒にバンジージャンプの旅をする

現実にもセックスドールと恋する話がたくさん聞いたことがあるはずだが、58歳のデイブ・ホーニックは、シリコンドールマニアの中でも最も有名な人物だそうだ。 2012年に、彼が自力で2年間をかかってドキュメンタリー映画「The Dolls」がカナダで公開しました。 その前には、お気に入りのシリコンドール「ビアンカ」を連れて、アメリカの東海岸から西海岸への横断ドライブをしました。

デイブさんがシリコンドールとの出会いが偶然的で、娘へのプレゼントを買いに行くときに、「テディベイビー」という布製のセックスおもちゃの存在を知ったことがきっかけでした。実際にこのおもちゃを手に入れる時に、新しい世界の扉が開きました。

「写真モデル、芸術作品、性的なファンタジーの対象、それに妻がいないときに自分の原始的な肉体的欲求を満たすなど、人形が私の日常に複数の役割を演じています。」とデイブさんが言いました。 彼が現在、様々なタイプのセックスドール合計14体が所有しています。 音楽プロデューサーを生業とするデイブさんは、他の人から見れば異端だと思える考えかもしれませんが、デイブさんがそうとは思わなくて、前と同じように、セックスドールの収集に熱心し続けます。

デイブが一番好きな人形はビアンカで、多くの初体験をしてきました。 例えば、ビアンカが世界で初めて馬に乗ったシリコンドール、初めてグランドキャニオンとナイアガラの滝で撮影したラブドール、助手席で初めてのアメリカの東海岸から西海岸へ横断するリアルドールなど。 "ビヨンカは、2007年のゴールデングローブ賞にノミネートされた映画「ラブドールの恋」で共演し、その優れた演技により、世界で最も有名なシリコンドールとなりました。" デイブは、"私たちがロンドンの雑誌のインタビューを受けて丸一日を過ごしたことがあって、ビアンカがその雑誌のカバーガールを務めたことを光栄だと思っています!"と言いました。

これまでに紹介したシリコンドーラーの記事と異なり、デイブは既に結婚しており、2人の子供の父親です。 そして、現在は妻と子供と一緒に暮らしています。 「妻や子供たちは、私が人形に力が入りすぎと文句を言うこともありますが、私の趣味によくわかってくれます。 妻は時々、人形の服、飾りなどを買うのを手伝ってくれます」。 デイブの妻は社会のエリーで、『ニューヨーカー』の熱心な読者でもあります。 "妻は確かに人形を脅威とは思っていませんが、その原因と言うと、プラスチック製の人形を脅威と感じる女性は、劣等感が強すぎるのではないでしょうか」とデイブが言いました。